◇金価格高騰について◇
経済状況がめまぐるしく変わる昨今において 世界市場で金の価値が上がっております
紙幣など貨幣価値がさがる懸念が多く投資先として現物資産志向が 強まっているようです


弊店OPEN当初2007年の金価格の変動グラフ

赤線が金小売価格になっていますが右のメモリを見ていただくとわかるように
弊店OPEN直後の7/15あたりで大体「2,800円/1グラム」ほどになっています。
青線がUSドル建て/1オンスの価格「675ドル/1オンス」ほどです。


2013年現在の金価格変動グラフです

こちらも赤線が小売価格です。 折れ線グラフはほぼ横ばいとなっておりますが・・・
右のメモリをご覧いただくとわかるように 2013年3/19付で「5200円/1グラム」となっております。
青いメモリでは「1600USドル/1オンス」となっております。

このように金の価格が2007-2013年で比べようのないほど価格高騰しておりますので
仕入れ先でも随時、価格改定が入っており値上げの一途をたどっています
。 弊店でも仕入れ状況により価格を改定せざるを得ませんので
どうぞご理解のうえ引き続きご愛顧いただけますと嬉しいです。 よろしくお願いいたします。

  【使用金属パーツについて】
  当店ではピアスパーツ(またはポスト部分)を主に14kgf,silver925,チタンを使用しておりますが  
すべての金属アレルギーに対応しているわけではありませんので
  ご使用時、違和感を感じられましたらすぐにご使用をおやめください。
  その他チェーンなどにつきましてはメッキ加工のものも使用しております。

       ※14kgf(K14ゴールドフィルド)とは         

            14kGold Filled は通常のメッキとは異なり、地の金属の1/20以上
          の重さの金を熱圧着したものです。

         とても丈夫なので通常の使用で金が剥がれにくい素材です。

       また、表面が14Kなので、金属アレルギーを起こしにくい素材と言われております。  

      (全ての方に金属アレルギーがおこらないと言うわけではありません。)
       欧米ではアレルギーの観点から現在広く使われており、日本での人気も高まってきています。
 

14kgf素材そのものについては酸化しやすい素材ではございません。
実際、新品の状態のチェーンなどを空気に触れる状態で半年~1年放置していても黒くなったりはいたしません。
ご使用いただくと汗や皮脂などのよごれがつき、そこから金属と反応して「塩化」という状態を引き起こし さらに空気と触れることでチェーンが黒ずんでしまったりいたします。
ですので、長くご使用いただくためには ご使用後軽く汗などを拭きとりクリアパックなどにいれて完全に空気に触れないよう保管くださいませ。
使用頻度や保管状況により酸化速度が異なります。 酸化してしまったチェーンなどは交換が可能です。

ご購入後、5年ほどたった商品をお客様に見させていただきましたら、上記の保管方法ですと 購入時とさほど変わらない状態であることを確認しております。  

 【天然石について】
  天然石はある程度特有の内包物(インクルージョン)やクラックがございます。
  また、天然石ゆえに小さな傷・欠け・カットが不揃い・色が不均一等が
  ございますが風合いとしてご理解くださいませ。
  石個人個人のもつ「個性」と、とらえていただけると幸いです。
  当店では「個性」のある石も、愛着のあるものとして捉え取り扱っております。

  またPCモニタにより色目が若干異なる場合もございますので
  予めご理解の上ご注文くださいませ。

 


  


  メタル